カード現金化業者の還元率

カード現金化の還元率の仕組み

カード現金化の仕組み

 

現金化口コミを参考にして業者を選ぶ時にもっとも重要視されるのは還元率だと思います。
利用者の方はこの還元率が1%でも多く高いほうが嬉しいものですよね。
でもちょっと待って!
いくら表記が高還元の表記になっているからといってむやみやたりに手を出すと、手数料を差し引かれ騙されたり個人情報を悪用される詐欺にあってしまうなんてことも…。
そうならない為にも現金化業者の還元率仕組みを十分に理解し、ご利用にあたらなければならないのです。

 

現金化業者の還元率はいたってシンプルな仕組みとなっており、

決済金額 - 振り込み金額 = 差し引き金額

差し引き金額が現金化業者の主な利益となります。

この差し引き金額が主な利益と申しましたが、どのサービスを行う会社には決済手数料というものがかかり、約3%〜10%程度の手数料が引かれます。
また業者によっては、振り込み手数料や商品発送代金なども取る業者もありますので、このかかる経費を負担するかしないかで利用者がサービスを受ける還元率はだいぶ変わってきます。
還元率の仕組みを理解すれば利用前に事前に利用を検討する業者に問い合わせる事も可能ですので、必ずメール・電話にて確認しておきましょう!

 

 


高還元率の表記に騙されるな!

現金化高還元率は危険

 

どの現金化業者も現金化口コミを見れば分かると思いますが、高還元の表記で宣伝しているお店が非常に多く存在しています。
中には、最大98%や最高99%など通常あり得ないパーセンテージの表記で宣伝しているお店が目立ちます。
まず、98%でサービスを行ってくれる業者はあり得ませんので騙されないでください。
そのような換金率を提示してくる現金化業者は間違いなく悪質業者です。

 

上記でもお話させて頂きましたが、業者側にも3%以上の決済手数料というものが発生いたしますので、98%で現金化サービスを行うことは現実的に不可能なのです。
現金化業者は云わば問屋のような物で、利用者から買い取った商品はまた別の業者に流すことで利益を得ています。
100%以上の値段をつけてしまえば、現金化業者はその商品を売却することは絶対に出来ません。
在庫だけがドンドン貯まっていくことになりますので、行き着く果ては破産です。
必要経費である手数料が掛かることも考えますと、もっと低い換金率での取引になるのは間違いないでしょう。
高還元率の表記は利益を度外視したものであって、そこから手数料+現金化業者の利益が引かれるということを忘れてはいけません。

 


高すぎず低すぎない還元率業者を選ぼう

カード現金化還元率

 

還元率の表記が高すぎる業者は危険とお話させて頂きましたが、バカ正直で低すぎる業者も避けるべきでしょう。
換金率低すぎても利用者が損をしていますので、結果的に詐欺に遭ったのと変わらなくなってしまいます。

 

では、どのくらいの数字が安全なのかご説明いたします。
表記が80%〜90%くらいの業者が安全といわれており、それ以上・それ以下の換金率の業者は避けたほうが良いでしょう。
クレジット現金化には相場がありますので、その相場に少しだけ上乗せされているくらいが現実的にあり得る換金率なのです。
80%〜90%の間で取引してくれる業者が基準で、利用する度に少しずつパーセンテージを上げてくれる現金化業者が理想と言えるでしょう。

 

しかし、理想の現金化業者を見つけるのは大変難しいことです。
たまに口コミや比較サイトから評価を確認しようとする人もいますが、業者による自作自演の口コミもありますので、実用的な手段とは言えません。
理想の業者を見つける方法はもっと地道なものです。
とにかく申し込みをし、業者と直接話をする事です。
還元率の説明を聞いて話にならなそうな業者はキャンセルしていきましょう。
80%〜90%の間でやってくれそうなお店をピックアップし、あとはひたすら交渉をすれば1%でも多く還元できることは間違いありません。
正直、手当たり次第に電話をかけるのは面倒だとは思いますので、口コミを利用した目安の付け方を活用して業者に電話をしてもいいでしょう。

騙されてしまった時の対処法

現金化を利用して騙されてしまった利用者のイメージ

例えば、貴方が現金化業者に騙されてしまったとします。
どのような行動に移りますか?
警察に駆け込むのが半分、泣き寝入りするのが半分といったところではないでしょうか。
一見すると警察に駆け込むのが正解のような気がしますが、実は違います。
警察は民事不介入のため、現金化で被害を受けても助けてくれません。
また、現金化は免責不許可事由に該当するため破産手続きなどは一切出来なくなります。
カード決済を終える前ならキャンセルを現金化業者に伝えればキャンセルすることもできますが、カード決済が終わってしまったら泣き寝入りするしかありません。
騙された時の対処法は、騙されないように知識をつけることです。
「なにいってんだ?」と思うかもしれませんが、これが一番効果的な方法です。
知識の無い内は少額の利用に留めて、被害を受けたとしてもリスクを減らす利用方法が大事です。
初めから大きく利用しようと思うと失敗した時にマズいので、騙されないためにも知識がつくまでは我慢しましょう。

 

結論

現金化の最大換金率についてのまとめ

クレジット現金化にはウラワザや近道はありません。
大事なのは、面倒くさがらずに現金化業者から話を聞き続けることです。
一度優良業者を見つけられれば、もう探す必要はありませんのでこれから先もクレジット現金化を利用したいと考える方は頑張りましょう。
現金化口コミNO.1優良店はどこだ!現金化口コミ.netでは、私が地道に電話を続けて見つけてきた優良業者も紹介していますので、そちらもご覧になってください。
気に入らなければキャンセルしてしまえばいいだけなので、不安になる必要はありません。
試金石くらいの気持ちで電話をしてみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説!実はこんなに簡単だった!
クレジットカード現金化の仕組みについて解説します。クレジットカード現金化の仕組みはとても簡単なものなので、現金化の初心者の方はぜひ見ていってくださいね。
現金化サービスの種類って何があるの?
現金化で口コミを参考にして調べることは大事ですが、その前にまずはその業者のサービス内容を確かめる必要があります。とはいえ、一件一件調べていたのではラチがあきません。そんな時に使える、一目見ただけでその業者のサービス内容が把握できる極意をお伝え致します。
ネット銀行は現金化では見事な活躍ぶりを果たす
ネット銀行は現金化では見事な活躍ぶりを果たします。ネット銀行の口座は現金化では非常に便利に活用できます。
現金化は顔写真付帯の身分証明書が必要不可欠
現金化は顔写真付帯の身分証明書が必要不可欠です。何故かお写真付きの身分証明書がないと現金化ができないのか解説いたします。
現金化は一万円からでも申込みが可能
現金化は口コミだと大きな金額の利用をしていると書かれているので、少額の利用は出来ないのかと思われがちですが、実は1万円から利用することができます。更には1,000円から利用できる現金化業者もいるのです。
クレジットカード現金化は違法ですか?利用者は逮捕されますか?
クレジットカード現金化の違法性についてお話します。利用者の方にトラブルが及ぶことがあるのかというところまでお話しますので、クレジットカード現金化の違法性について知りたい方はこちらをご覧ください。