ネット銀行は現金化では非常に便利なアイテム

クレジットの現金化をするならネット銀行の口座を持とう

現金化 ネット銀行

 

クレジットカードの支払いは銀行引き落としが大半ですが、うっかり預け入れを忘れてしまったりすることがあると思います。
そういったシチュエーションに、今すぐ自分の銀行口座へ入金したい時に活用できるのがクレジット現金化です。
現金を得るためだけでなく、支払いに対応するための手段も現金化口コミから徐々に広まってまいりました。
クレジット現金化に必要な物は、本人確認書類とクレジットカードだけとなっています。
この資金策では振込んでもらいたい金融機関を指定することができます。
クレジット決済が完了すれば契約を交わした現金化業者から入金されますので、万が一残高が足りなかったとしても銀行に行く必要もなく出費を間に合わせることができますね。
クレジット現金化は一万円からでも利用可能なので、少し足りないといった時でも大活躍するサービスです。
しかし、自分の都合に合わせて現金を手に入れることはできますが、指定の銀行によって営業時間が決められており、それを過ぎてしまうと入金自体が出来なくなってしまいます。
大抵の銀行は平日15時を過ぎてしまいますと、最短でも翌営業日に着金となってしまいますので利便性が図れません。
銀行の営業時間の問題となってしまうため、現金化業者からはどうしようもないことです。
ですが、24時間営業をしている銀行もあるって知っていました?
クレカ現金化を利用するなら指定する銀行はネット銀行がオススメです。


ネットバンクなら土日祝日24時間入金が可能

土日祝日24時間入金

 

お急ぎで現金を用立てなくても構わないと言う人であればネット銀行を持つ必要はありませんが、今すぐお金が欲しいという人が即日送金とならないのであれば意味が無くなってしまいます。
普通の銀行口座の利用では、いつでもどこでもとは言い難いサービスとなってしまうでしょう。

 

ネットバンクなら土日祝日24時間入金が可能となっていますので、とても好都合に現金が手配できます。
大半のクレジットカード現金化業者はネット銀行と提携されていますので契約を交わしてしまえば、平日15時以降であろうとその日が土日祝日であっても当日反映の入金確認が可能です。
中でも、「ゆうちょ銀行」「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」は特に利便性に優れた銀行口座です。
口座開設でのキャンペーンも開催していますし、クレカ現金化においてもこの3種のどれかの利用なら換金率を上げてくれる現金化業者もいます。
ネットバンクは現金化では見事な活躍ぶりを果たしてくれるでしょう。
はっきり言って、ネットバンクを使わないで利用するのはクレジット現金化のメリットを殺していますよ!

  • みずほダイレクト
  • SMBCダイレクト
  • 三菱東京UFJダイレクト
  • りそなダイレクト
  • シティバンク オンライン
  • ゆうちょダイレクト
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

ゆうちょ銀行なら当日でも用意できるから安心

ゆうちょ銀行

 

先程述べました3つのネット銀行をお持ちでない方でも状況によってはなんとかする方法があります。
ジャパンネット銀行と楽天銀行は口座の発行手続きをしてもその日の内に用意することはできませんが、ゆうちょ銀行なら当日でも開設することが可能なのです。
郵便局は銀行とは違って閉店時間は15時までではなく16時もしくは遅くまで営業している支店が多数ありますので、来店していただき通帳さえ作ってしまえば取引業者に当日付けで振込んでもらえます。
後は窓口で引き出しをすれば、当日でも現金化を利用することできます。

 

しかし、この対処法はゆうちょ銀行の窓口が開いている時間帯に限ります。
深夜などになってしまいますと、流石に窓口はもう閉まっていますのでどうすることも出来ません。
それだけではなく、ゆうちょ銀行には他のネットバンクとは違い、利用できない日もあります。

  • 五月の大型連休(ゴールデンウィーク)の祝日の間
  • 年末年始の3が日までの間

この2つの期間はゆうちょ銀行自体がやっていないため窓口も閉まっていますし、元々ゆうちょ銀行を持っている方も利用することできません。
他のネットバンクには利用できない期間は存在しないため、状況によって使い分けることでクレジット現金化をより便利なサービスにすることができるのではないかと思われます。
クレジット現金化を利用する予定のある方は余裕のある内に、ネットバンクを作っておいたほうが良いでしょう。


業者選びにはくれぐれもご注意を!

クレジット現金化の悪徳業者のイメージ

ネット銀行を利用すれば、すぐにでも現金を手に入れることができます。
ゆうちょ銀行ならば平日15時を過ぎても開設できることもありますので、ネットバンクお持ちでない方でも利用できることもあるでしょう。
ですが、クレジット現金化は口座を開設したら終わりではありません。
せっかく、開設してクレジット現金化を利用しようと思ったのに、悪質業者に個人情報を悪用されることになれば大変な目にあってしまいます。
そうなればお金は手に入りませんし、利用金額以上のお金を取られてしまうこともあるでしょう。
口座開設に間に合ったとなればホッと一息ついて気が抜けてしまうのもわかりますが、口座開設はクレジット現金化のスタートだと言うことを心に留めておきましょう。

 

また、業者選びには現金化口コミや比較サイトを参考にする手法が常識だとされていましたが、今現在では間違いです。
現金化業者による自作自演の口コミが多く存在していますので、参考にしてはなりません。
こちらも覚えておかないと、損をすることに繋がってしまうことでしょう。

 

結論

現金化のネットバンク利用についての結論

ネットバンクはクレジット現金化において非常に重要なものです。
多くの現金化業者は24時間入金対応を掲げていますが、ネットバンクを持っていることを前提として記載されていますので、お持ちでないと24時間入金は不可能です。
ネットバンク自体の開設はそれほどまで難しいものではありませんので、転ばぬ先の杖ということで今のうちに作っておくと、いざという時に助かるかもしれませんよ。

 

ネットバンクを手に入れたとしても、現金化業者選びをしなければなりません。
罠を仕掛けて待ち構えている悪質業者がわんさかといますので、対策もせずに利用すればほぼ間違いなく詐欺に遭います。
業者選びは時間のかかるもので、今すぐお金が欲しいからネットバンクを開設したのに無駄骨となってしまうこともあるでしょう。
そんな時のために現金化口コミ.netでは、他の比較サイトとは違い実際に私が利用してたお気に入りの優良業者のみをランキングで紹介しています。
業者を褒めたたえるだけではなく、ちゃんとデメリットがある場合はそのデメリットも説明していますのでメリット・デメリットを理解した上でご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説!実はこんなに簡単だった!
クレジットカード現金化の仕組みについて解説します。クレジットカード現金化の仕組みはとても簡単なものなので、現金化の初心者の方はぜひ見ていってくださいね。
カード現金化業者の還元率には要注意!
カード現金化サービスで利用が一番気にする事はやはり還元率ではないでしょうか?その還元率には様々なカラクリがあるので暴露します。
現金化サービスの種類って何があるの?
現金化で口コミを参考にして調べることは大事ですが、その前にまずはその業者のサービス内容を確かめる必要があります。とはいえ、一件一件調べていたのではラチがあきません。そんな時に使える、一目見ただけでその業者のサービス内容が把握できる極意をお伝え致します。
現金化は顔写真付帯の身分証明書が必要不可欠
現金化は顔写真付帯の身分証明書が必要不可欠です。何故かお写真付きの身分証明書がないと現金化ができないのか解説いたします。
現金化は一万円からでも申込みが可能
現金化は口コミだと大きな金額の利用をしていると書かれているので、少額の利用は出来ないのかと思われがちですが、実は1万円から利用することができます。更には1,000円から利用できる現金化業者もいるのです。
クレジットカード現金化は違法ですか?利用者は逮捕されますか?
クレジットカード現金化の違法性についてお話します。利用者の方にトラブルが及ぶことがあるのかというところまでお話しますので、クレジットカード現金化の違法性について知りたい方はこちらをご覧ください。