現金化は一万円からでもできる資金策

受取る額面が一万円からでもできる資金策といえばカード現金化

一万円 カード現金化

 

即日にお金の手配ができる資金策として、現金化口コミで話題となり世間でも浸透してきたクレジット現金化は未だに多額の利用でなければならないといったイメージが強く根付いています。
確かに昔は金券・商品券での取引が主流だったので、ある程度の金額の利用でなければ話になりませんでした。
しかし、今はもうそんな時代ではありません。
金券・商品券を商品として扱わなくなった今なら例え一万円からでも問題なくクレジット現金化を利用することができるのです。
業者のよっては数千円から受付をしている現金化業者もいます。
多くの人にとって、数十万とお金が必要になることは少ないことなので、少額からでも利用できるクレジット現金化は需要を集めているのです。
収入源のない専業主婦の方、あるいは収入が少ないフリーターの方には大人気のサービスとなっています。
ですが、少額の利用ですと高額の利用に比べて、当然還元率が低くなってしまうことになります。
相場と呼ばれている数値より低くなってしまうこともありえますので、緊急避難用の資金調達法として利用しなくてはなりません。


収益が少ない為受け付けないこともある

受付拒否

 

クレジットカード現金化は使用するショッピング枠が少なければ少ないほど換金率が低くなります。
逆を言えば、使うショッピング枠が高額であればあるほど換金率が高くなりますので、入金額はクレジット決済額とほぼ変わらなくなることもあります。
金額が大きくなれば業者の利益も増加しますので客引きのために換金率を上げているということです。
当然、現金化業者はボランティアでやっているわけではありませんので、利益を出すことを考えて営業しています。
利用金額は現金化業者の利益に直接つながりますので、ショッピング枠が残り僅かしかないと現金化業者の収益が少ないため受け付けないこともあるようです。
断られてしまったらショックかもしれませんが、その店舗の器量が分かることもありますので、そんな店舗利用しなくてよかったと前向きに物事を考えて次にチャレンジしましょう。


高額すぎても受け付けない場合もある

高額 受付拒否

 

基本的にクレジットカードの現金化で使用するショッピング枠の上限額は決まっておりません。
申し出された方から顔写真付の身分証明書の確認さえできれば取引ができます。
先程申しましたように少額の現金またはショッピング枠ですと申込みをしても受け付けない現金化業者はいますが高額すぎても受け付けない場合もあるのです。
理由として挙げられるのはカード会社に不審感を与えてしまう為で、あまりにも高額のクレジット決済は第三者が不正利用していると勘違いされセキュリティが働き一時的に使用を停止することがあります。
不正利用でないと解ったとしても、現金化目的での利用だと発覚した場合、そのまま利用停止処分になることがほとんどです。
現金化業者としてもトラブルは避けたいものですので、あまりにも高額すぎる利用には注意しましょう。

 

安全に多額の利用をする方法

現金化で高額な利用に成功した人のイメージ

 

しかし、世の中には様々な人がいます。
多くの人はクレジット現金化を少額の資金調達法として利用するでしょうが、中には何百万とお金が必要な方もいるでしょう。
現金化口コミサイトでもよくそのような人を見かけます。
その人たちの中には、実際に何百万という現金化に成功した人もいます。
どのような方法で成功させたのでしょうか。
実は、ある2つ工夫を施すだけで高額な利用でも実現できるようになるのです。

高額の利用をしたい方にオススメする2つの工夫

現金化で高額の利用を安全に行うための2つの工夫

 

高額のクレジット現金化をご希望であるならば日にちがあれば、確実に資金調達が可能です。
例えば、100万円現金化をしたいと思ったのなら数回に分けて利用することで、利用停止のリスクを避けることができます。
クレジットカードの数十万の利用であれば、ブランド品などの高額商品を購入すれば珍しいことではありません。
金額が他に比べて目立っていなければ、クレジット会社からも現金化目的かどうかの見分けがつかないのです。
見分けが付かないのに、手当たり次第一時的に利用停止にしていたらクレジットカードは面倒なものとなってしまい、カード会社の利益に関わります。
20万の商品を2つ、30万の商品を3つと言ったように値段を分けて利用することが効果的です。
2つ目は、出来る限り日にちを開けることです。
利用者の以前までの利用状況にもよってきますが、数十万の買い物は珍しいものではないとは言え、何日も続けて取引を続けていれば目立ちます。
特に今まで数万円単位でしかカードを利用してこなかった人が急に数十万円の取引を繰り返したらカード会社に怪しまれるのも当然です。
あなたがカード会社だったとして、一体どのような行動を取る利用者が怪しいと感じるのか、相手の立場に立って考えることで危険性をより減らせることでしょう。
しかし、現金化は免責不許可自由の対象となる行為です。
高額な取引が出来るようになったからといって自分のキャパシティを超えた取引は行わないように注意しましょう。

 

結論

現金化の利用金額についての結論

少額でも高額でも利用できるのがクレジット現金化のメリットです。
それぞれにメリット・デメリットはありますが、どちらも自分の行動によってデメリットを緩和することも出来ます。
ここで大切なのは、どう行動すれば緩和できるのかよく考えることです。
少額の利用なら優良業者を利用すればいいし、高額の利用なら工夫を施すことといったことですね。
これは様々なことに言えることなので、しっかり覚えておきましょう。

 

しかし、換金率が悪ければいくら取引が出来たとしても安くはない金額を現金化業者に取られてしまいます。
100万円の利用で、換金率が70%だったりしたら30万も取られてしまいますので、割に合いません。
少しでも高く取引をしてくれる優良業者を見つけてあることが必須です。
まだ、見つけていない方は私が実際に電話をかけて確かめた優良業者をランキングにして多数紹介していますので、そちらも合わせてご利用ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説!実はこんなに簡単だった!
クレジットカード現金化の仕組みについて解説します。クレジットカード現金化の仕組みはとても簡単なものなので、現金化の初心者の方はぜひ見ていってくださいね。
カード現金化業者の還元率には要注意!
カード現金化サービスで利用が一番気にする事はやはり還元率ではないでしょうか?その還元率には様々なカラクリがあるので暴露します。
現金化サービスの種類って何があるの?
現金化で口コミを参考にして調べることは大事ですが、その前にまずはその業者のサービス内容を確かめる必要があります。とはいえ、一件一件調べていたのではラチがあきません。そんな時に使える、一目見ただけでその業者のサービス内容が把握できる極意をお伝え致します。
ネット銀行は現金化では見事な活躍ぶりを果たす
ネット銀行は現金化では見事な活躍ぶりを果たします。ネット銀行の口座は現金化では非常に便利に活用できます。
現金化は顔写真付帯の身分証明書が必要不可欠
現金化は顔写真付帯の身分証明書が必要不可欠です。何故かお写真付きの身分証明書がないと現金化ができないのか解説いたします。
クレジットカード現金化は違法ですか?利用者は逮捕されますか?
クレジットカード現金化の違法性についてお話します。利用者の方にトラブルが及ぶことがあるのかというところまでお話しますので、クレジットカード現金化の違法性について知りたい方はこちらをご覧ください。